誹謗中傷対策

誹謗中傷をされた場合、適切な処置をする必要があります。

経営者はお金を持っていると思われているので、強盗、痴漢冤罪、誘拐、住宅侵入、などの被害にあいやすいです。

現在、ネット上には特商法などで個人情報を載せなければなりません。
一昔前と違って情報がオープンになったぶん、被害にあうケースがあります。

どんなにささいな誹謗中傷、ネットの書き込みでも、そこから重大な被害
殺人、誘拐、強盗などに発展する場合があります
たとえ、一行でも、自分の事に書かれた事に関しては、即座に対応をすることをお勧めします

家族を守るためにも重要な事です
誹謗中傷、ありもしない事をネットで書かれたりした場合、どんなに小さなことでも
裁判の勝ち、負け、示談金の不成立に関わらず
「どんなに小さな交通事故でも警察に届けるのが当たり前」と同じくらいに
「どんなに小さな誹謗中傷でもとりあえず法的処置をしておく」という事が大事です。

そんなこと気にしなくていい
そんなに大げさな・・・

と言われている部分でもしっかりと対処する時代です。

現在は、法的にも前例があったり、詳しい弁護士もいるので、手続きや裁判もスムーズです。

※ささいな出来事が重大な事件に発展した例
渋谷女子大生誘拐事件

 

ネット上には車のあたり屋 のような人間がいるのです。
車の当たり屋の事例

ネット上にありもしない事を書いて、後で「削除してほしかったらここに入金しろ!」などとメールが来るケースもあります。

痴漢でっち上げ、前科でっち上げ、出会い系サイトの利用でっち上げ、不倫でっちあげ など様々です。

最近では、YouTuberが食品に異物が入っていた、などとでっち上げていたりします。
製品やサービスの誹謗中傷を軽く考えている人間がいるのです。

あなたの商品やサービスが誹謗中傷を受けた場合、それがたとえ事実だとしても、名誉棄損になり、それ相当の慰謝料を請求できます。

IT,誹謗中傷につい良い弁護士がたくさんいます

弁護士の例

弁護士法人ATB【東京都・港区】

弁護士法人 みなと法律事務所【東京都・中央区】

誹謗中傷の定期 参考サイト(下記 引用元)
ネットで名誉毀損された時の対応方法!慰謝料相場は? _ 弁護士相談Cafe

 

事業の信用が失墜したケースなどの場合にはもう少し高く、50万円~100万円程度になることもあります。

 

よくある誤解ですが、「虚偽」の事実を書けば名誉毀損だけど、「事実」「真実」ならネットに何を書いてもかまわない、名誉毀損にならないと考えている方がいますが、大きな誤解です。

事実を書いて、それである人の社会的評価が下がるなら、名誉毀損罪は成立します。事実の適示は、真実か否かは問われません。
「あいつは前科者だ」「あいつ○○と不倫している」等とばらす行為や暴露する行為は、それが事実であっても名誉毀損が成立する可能性があります。
名誉毀損行為は、それが相手の社会的評価を低下させるものである限り、内容が真実であるかどうかは基本的に問題にならないからです。

 

また、ネット上の誹謗中傷行為は、民法上の不法行為に該当する可能性があります。誹謗中傷や名誉毀損行為は、人の名誉権やプライバシー権を理由無く侵害する違法な行為だからです。
よって、ネット上で誹謗中傷をされた場合には、相手方に対して慰謝料請求(損害賠償請求)をすることが可能です。

 

よって、ネット上での名誉毀損被害に遭ったら、相手方を特定して、その相手方に対して名誉毀損にもとづく慰謝料請求手続をしましょう。プライバシー権侵害などを理由に慰謝料請求することも可能ですので、事案によって請求理由を検討します。

 

 

コメントは受け付けていません。